2006.09.16(Sat) シンガポールへ

予定通り、しばらく旅行日記を更新しま〜す。
途中で飽きないように、端折りながら書こうっと。

2006.09.16(Sat) 8:00
見送りに来てくれたEさんといっしょに福岡空港に行って、
まずはチェックイン。今回はシンガポール経由でロンドンに向かうので、
福岡→シンガポールの券と、シンガポール→ロンドンの券の2枚を
渡されました。
なるほど、シンガポールではチェックインしなくてもいいのか〜。
で、「しばらくは和食が食べられないから」と、
空港で朝食にうどんを頂きました。味はまあ、ふつう。

で、ドキドキしつつシンガポール航空の飛行機に乗り込むと…
スチュワーデスさんがみんな民族衣装を着てる!
なんか体にピッタリした形のワンピースで、大胆に
スリットが入っていたりして、なんかいけない感じがする。

青いアイシャドウがばっちり入ったエキゾチックなメイクで
髪も結い上げていて素敵だったので、日本の国際線の人たちも
もっと日本をアピールするために、こういうの、すればいいのに!と
思ったりしつつ、飛行機が離陸しました。

シンガポール航空はサービスが良いらしいと
聞いていたので、期待しつつ待っていたら
まずはローストピーナッツと飲み物のメニューが出て来たので、
せっかくだからご当地カクテル「シンガポールスリング」を注文。
(メニューを指差して、「Singapore sling」!)

正直なところスプモーニとどこが違うのか分かりませんでしたが
解説を見るといろいろ混ざっている感じでした。
飲み物のメニューはかなり充実していてビール、ワイン、カクテルや
ウイスキーやらコーヒー紅茶、ウーロン茶まで多彩。


で、機内食タイムがやってきました!
これまでJALとかANAのサンドウィッチしか食べたことないもんね。
和食と洋食が選べたので、洋食を注文。
パン、ピラフ、チキンの香草焼き+マッシュルームソース、ラビオリのサラダ、
クラッカーとチーズ、食後にコーヒーとハーゲンダッツ…。
「ハーゲンダッツ」って!
庶民としてはこの名前を聴くと平伏せざるを得ません。
これはこの先かなり素敵な食事が待っているのでは!?と
胸が高鳴ります。

味は、ピラフがタイ米みたいなのを使っている以外は、
なかなか美味しく頂けました。サラダが給食みたいだったけど、
まあそれはそれ。


離陸して4時間ぐらい経つと、だんだん風景が亜熱帯っぽくなってきました。
特に川。なんかすごいうねうねしてるんですよ。

2006.09.16(Sat) 16:00
で、6時間のフライト時間を終えてチャンギ空港に到着。
ちょうどIMF(国際通貨基金)のイベント中らしく、さっそく
武装したベレー帽の人たちが空港の中をうろうろしていました。
なんかM-16みたいなの(武器詳しくない)ぶら下げてますよ〜
怖いよ〜と思いつつ、MRTと呼ばれる地下鉄の駅へ。

うわ〜切符が高い!と思いつつ、説明書きを見ていたら
どうやら「ez-link CARD」という、Suicaみたいなのを買うと
安く移動できるみたいだったので、片言の英語で窓口から購入。

で、今日のホテルのあるArjunied駅に移動しました。
乗り換えがよくわからなくて同じところを3週したのは内緒です。
駅に着いた瞬間、なんか変な匂いが!
あきらかに香辛料なんですけど、未体験の匂い。

ホテル代が安いということで、ゲイランという地区に来たのですが、
ここはシンガポール唯一、売春が認められている歓楽街で
そのせいか、いろんな人種の人が集まっているらしく
飲食店も中華、タイ料理、インド料理、ベトナム料理…と
アジアの、しかもチープ寄りのものがずら〜っと並んでいる感じです。

人も車も自転車もバイクも多くて、
なんか猫みたいにガードレールや道ばたに人が座っていて
みんな路上に唾を吐いているし、ものすごく胡散臭い雰囲気です。
これは女性が一人で来られる雰囲気じゃないなあ。


あらかじめ調べていた地図が間違っていたので、
道を訊きつつホテルに到着。普通のビジネスホテルだったので、ひと安心。
(格安のホテルが上のIMFの関係で取れなかったから、ランクを上げた)
シャワーだけで湯船が無いのが日本と違うところですね。

せっかくだから都市部も見てみようと、MRTでCity Hall駅へ。
ここはシンガポールの中心らしく、さすがに綺麗な町並みです。
空港にあったパンフレットで「シンガポールビエンナーレ」が
行われていることを知って、会場のひとつ「City Hall」に行くと…。


バリケード+鉄条網+武装した人たち!?
仕方ががないので外から壁画だけ眺めて、ラッフルズホテルへ。
なんか有名なホテルですよね?


ここもSPみたいな人たちが警備していましたが、
「観光客だけど入ってもいいのか?」と聞くと「手荷物検査を受ければ」と
言われたのでそのままチェックを受けて中へ。

食事は高くて無理そうだと判断して、「ラッフルズカフェ」というお店に
入ってみました。いちおうカフェ部員として。


で、モカフラッペ(S$5)を注文。だって気温が32度あるんですもん。
暑いですって。日本円にして350円ぐらいだから、場所にしては
かなり安いのでは。これなら食事もいけたかも。

そのあとショッピングセンターをうろうろしていたら、
さすがにお腹が空いて来たのでArjunied駅に戻る。
名物のチキンライスが食べたかったんですが、何件か回っても
「Finished!」とお店のおばちゃんに言われてしまい、ガックリ。
(このときPM10:00。行動が遅い!)


仕方なくチェーン店っぽいところでダックライスを注文したんですが、
これがかなり不味かった。特に米。どうもパサパサしてるんですよね。
ああ残念。しかも食べてたらなんか、おばちゃんが
「女はいらね〜か〜?」みたいな事を話しかけてくるし。


チキンライスにこだわらなければ「ホーカー」と呼ばれる
フードコートが町中にいっぱいあって、24時間食事が取れるみたいです。
みんなお茶をするのが大好きらしく、どこのお店も常にお客さんが
入っていて、ベトナムコーヒーみたいなのを飲んでました。

口の中が気持ち悪くなったので、小さい牛乳を買ってホテルに戻りました。
明日は6時起きだから、寝坊しないようにしなきゃ。
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
admin